2008年01月31日

"monjah yakey" the movie

"monjah yakey"


  



 昨日までよりはマシな画質になったと自負。エンコードの仕方を少し工夫。それなりに improvement がみられたと思う。夫々のデータによっていろいろ restriction あるんで、いつも同じようには行かないが。

 さて、以前 post した記事「nostalgic alley」のまた follow-up もの。ご店主といろいろ話していたら、最初から撮影すんの忘れてしまった。そんなこんなで、わりと佳境を越えてからのもんじゃ調理の様子。

 ちなみに、タイトルのスペル「monjah yakey」、本来は「monjya yaki」なのは重々承知しているんだが、英語しゃべり系の人間が読む場合、一番原音に近く発音できるのが前者のスペルなので、そちらを採用。ぱそにスピーチ機能のあるシトは試してみるとobvious なはず。





posted by nrb at 00:00 | TrackBack(0) | videocasting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

tokyo cruise the movie

"tokyo cruise the movie"


  


 main の blog で以前 post した「tokyo cruise 1,2 and 3」という記事で、フランシス早乙女が吾妻橋を降りてから地下鉄浅草駅に行くまでのドキュメントを、既に紹介している画像に動画を加えての summary 。

 明日はもんじゃ動画の予定。






posted by nrb at 00:00 | TrackBack(0) | videocasting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

white gift

"white gift"


  


 こちらではご無沙汰。一年以上無更新。2006年暮れに最後の更新をして以降、最後の一等親の下り坂気配から不祝儀へと移り変わる高速展開。身内の不幸経由で身辺バタバタしてるゆえ自然な流れ。今後もこんな snail like なノロノロテンポで更新してくと思うので、気長にお付き合いくだちい。

 さて、久々の更新とは言え、「VONRB」ではない。ぱそ壊れちゃったりその他諸々の諸事情により voic of 〜 はまた後日改めて。今日は、昨年後半の一時帰国中、 moNologuE にpostした記事「white gift」とゆーのの follow-up kind。

 ストーリーもなく、人も写ってないタイプの写真や動画をappreciateしないシトには向かない動画に仕上がってる。ただただ、そのときオレが見た雪が降る風景が映っているのみ。友達が誰もいない日本の田舎町に降り始めた雪。ただでさえ人との繋がりのないこの土地に雪が降ることで、さらに isolate されてゆくような心細さをオレは覚えた。そんなうすら寂しい感じをお裾分け。。。って、厭がらせかよ、オレ。

 さいごに蛇足的私見または暴言。雪国に住む男女って、ロマンチックで派手な恋愛じゃなしに、もしかしたら、ただただ「人恋しさ」が募って寄り添うように、惹き合うように、そっとくっつき合うのかも知れんな。それはそれでロマンチックだな。ただし、いくら寒いからって、炬燵エッチは俗過ぎ。マンネリ夫婦の「パジャマの下だけ降ろしセックス」と同じ地平な気がするんだよ、オレは。できれば暖炉の前で炎に照らされての方が画になる。。。って、なんの話だよ、オレ。つぅか、演出的には古過ぎ。

 てえか、雪が降ってるときって、女の人が綺麗に見えたりしない?・・・え?オマイがたまってるだけだ?ごもっとも。






posted by nrb at 00:00 | TrackBack(0) | videocasting | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。