2006年11月17日

piano lesson for apes

 ここんとこvoice of nrbでしつこく弄くってる「sample 1」の「コード進行が知りたい」または「どーゆーvoicingなのか」とゆーお問い合わせをいただいてます。私事で恐縮なれど、音楽やってる若いシト達が聞いてくれてるとゆーのは、率直にうれしいです。ま、あんまり役に立ってないとは思うけど。メンモクナイ。で、お返事がおくれて申しわけない。この記事を「お返事」に代えさせてチョ。先ずコード進行。譜面って好きじゃないんだけど、とりあえず。[A]部分のみですが、以下のとおりです。




  





 で、猿でも弾けるように、↑の譜面で弾いてるvoicingを画像にしました。[A]部分に関しては、基本的に全部白鍵で作業できるんで、keyboard楽器に疎い人でも馴染みやすいんではないかと思うんで、気が向いたときにでも身近にあるkeyboardで試してみたら楽しいかも。

 最初の四小節。CM7>FM7>CM7>Em7 とにかく左手はただひたすら「ルート」を押さえることだけに集中。他の小難しいことは一切しない。右手指の移動は最小限。Em7以外は全部9thまで押えてます。また、CM7の右手のままEm7も弾けちゃう。つまり、前半四小節の右手は、FM7以外は全部共通。ね、簡単でしょ?


   


 後半四小節。Am7>Dm7>Fm/G>CM7‥Dm7・G7(b9) 基本的に、Am7の右手以外は、FM7の右手のままでできる。8小節目のラスト・ビートをG7(b9)にしてスカシてみたけど、Dm7の右手のまま左手でGを弾くとゆー手抜きも可(FM7/Gと同じヴォイシング)。つまり、sample1 の最初の八小節は、CM7、FM7、Am7の三つのパターンさえ覚えちゃえば、エテ公でも弾けるワケだ。さあ、家の片隅で埃を被ってるkeyboardを引っ張り出して弾き語りしれー。楽器のないヤツは、近所の楽器屋に行って展示品のkeyboardで弾き語り・・・迷惑な客だな、それ。まあ、楽器屋によくいる人種だったりするけど。


     



 「new sample 1」のvoicingは難しいのでここではomitしました。アイデアとしては、1 - 5の上に 3rd を抜いた残りのコードトーンを良い塩梅に響くような組み合わせで乗せてやる、って感じです。

 つーことで、どなた様も楽しい週末をお過ごしください。
posted by nrb at 00:00 | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

yes-no

yes-no


あの有名な「君を抱いていいの〜」ってえ曲を
メチャメチャ下品なものにしてしまいました。
小田さん、ならびにファンの皆さんゴメンナサイ。





「生」OKなのに「中田氏」ダメってことがよくあるよーな。。。
あ、nrbが無責任そーに見えるからかだろーか・・・
じゃ、責任感強そうなら「中田氏」OKになるのか。
眉毛を太く描いてみようか。

「voice of nrb」更新が滞っている為の
苦肉の策として過去main blog "moNologuE"上で
既に発表済みの「クソかえうた」を配信させていただいております。


  店主敬白
posted by nrb at 00:00 | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

yearbook

yearbook


「かなしいことがあると ひらく皮の表紙」
の歌い出しでお馴染みユーミン大センセ様の名曲。
この名曲の歌詞で「卒業」の部分を「心霊」に
置き換えることによって醸し出される微妙な
可笑し味を感じることができるあなたは優しい目をしている。
・・・って、なに言ってんだか。





「voice of nrb」更新が滞っている為の
苦肉の策として過去main blog "moNologuE"上で
既に発表済みの「クソかえうた」を配信させていただいております。


  店主敬白
posted by nrb at 00:00 | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

widow

widow

 若くして夫に先立たれた未亡人「せめ子」。彼女の心にできた隙間はまだ埋まることがなく、同様に、彼女の身体の隙間もまた誰にも埋めらることのないままいくつもの月日が流れ、彼女のリビドーは悲鳴を上げる寸前だった。そんなある日、玄関のチャイムが鳴る。宅配便だ。日焼けした端整な顔立ちの若い配達員が玄関に立っていた。ドアを開けたせめ子は「ご苦労様」と言いながら、視線は若い配達員の股間に釘付けになりそうだった。彼のその部分は、その若さと生命力を誇示するがごとくまるで小山のように「モッコリ」と隆起していた。せめ子は自分の欲望にあらがおうともせず、直感的にそしてあくまでもしなやかに、その白く美しい右手を彼の逞しい小山へとのばした・・・↓クリクリ・・・もとい、clickしてオチ。





 下品なシモネタ、平にご容赦を。

posted by nrb at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

wishing asian peace

UltraMan Taro(asian peace)

諸事情によりVONRBのレコーディングが不能
(気候が良いので遊び呆けているだけ)。
新作VONRB21で発表予定だった「新作替え歌」を
お詫びのしるしに前倒しで発表してみる。
奇しくも時事ネタとリンクする内容。
テポドンが東京に飛んでくるとき、
禿しく瞬きしながら首都の平和を守る男が立ち上がる。
タロウが飛び立つ。タロウが戦う。 タロウ タロウ タロウ・・・








posted by nrb at 13:40| Comment(0) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。